ライターイベントに設定を求めるのは正解?不正解?

こんにちは。管理人です。

前回の記事。

都内ホールのライター告知規制強化を鑑みて、これから先パチンコホールはどうやって集客していくのかな~などと過疎店の穴場などを見ながらふと思いましたので…

これから僕達、パチンコ、パチスロのユーザーはどう接していけばいいのか?

なんかをちょこっと書いてみたいと思います。

どっかに書いたか、書いていないか覚えてませんが、一応僕は元々スロットで生計を立てざるを得ない状況になったことがあるので、この辺りのことも踏まえつつおつきあいいただければと思います。

ライターイベントは広告宣伝費に計上される

1

かわいい女性ライターをパチンコホールが呼ぶ理由はただ1つ。

それは少なからずお店に対して集客効果があるとの期待です。

最近ではパチンコやパチスロ専門の動画が増えてきた上に、ライター人気というものは下火とは言われながらも未だに続いています。

これは僕達ユーザーが普段パチンコやパチスロの情報を見たり、動画などで見る一種の憧れ意識やファン心理を利用して行う、集客方法の1つでした。

ですから、都内はもちろん他の地域でも来店がある場合は店内にて告知を行なって射幸心を煽っていた訳です。

ライターを呼ぶお金に関しての詳細までは知らないですが、基本的に数十万円程度だと思われます。

「数十万!?あほかーーー!!」っとなる人もいるかもしれませんが、パチンコホールで1日に動くお金を考えるとそこまで大げさな金額ではありません。(もちろん知名度や人気にもよりますが…)

都内の規制が発表された時にういちさんが今後の予測をしていましたが、

「ライターに使っていたお金がお客に回されるとは思わない」。僕も同感です。

広告費を客へ回す業界なんてパチンコ問わずどこにもないですからね(;・∀・)

ライターの来店はカモフラージュかも?

多くの人が勘違いしている部分ですが、基本的に勝ちたい気持ちや設定に期待したい気持ち、良調整に期待したいのであれば、信頼すべきは呼ばれたライターではなくパチンコホールそのものです。

簡単に言えばライターを呼んだからと言って出すホールもあれば締めまくりで平常より辛いホールもざらにあるわけです。

僕自身は行ったことはありませんが、パチンコ・パチスロの番組ではよく使われる将軍・田端店なんかは個人的にあの頻度で来店ロケをしているんだから設定はないだろうなと思ってますw

ですが、パチンコ・パチスロライターのお仕事がホールを盛り上げることである以上は彼らを攻めるべきではないと断言します。(もちろんアウトな行動はアウトと言いますけどね)

例えばサプリメントの会社に勤めていて営業をしている人にどこまでその商品を信頼している人がいるでしょうか?

ギャンブル云々はさておき、投資行動は自分自身の判断で行うものですから、ライターイベントで負けてしまい、ネットなどでその来店したライターさんを攻めてる人に”勝ってる人”

ほとんどいないと思います。

ライター呼ばないで設定が入る店

こんなもんねーよ!っと思われるかもしれませんが、プロや勝っている人達はハイエナしているか設定っが入っている店、場所を知っているかの2種類だけです。

そしてそのリサーチをライターが来店するかどうかという判断だけでは行いません。

ですから、ライターの来店に対して何も思いません。僕は田舎住まいな上に大ファンなのでライターが来るたびに喜んで遊びに行ってましたけどww

打ちませんでしたw 少なくとも生活している間はw

ライターイベントには”遊び”に行こう!

CUBH_1FUEAAQHDf

今後は都内でのライターイベントや取材回数は減ると思いますし、全国的に減っていく可能性も大いにあります。

ホールにリスクがあるからですね。しかも正直飽和状態だという話も聞きますし…

ですから、今後自分の好きなライターさんが来店して、そのお店に行くことがあれば会いに行く、遊びに行く気持ちでいきましょう。勝ちたいのであればライターイベントに参加するよりやることは山のようにありますからね。。

おそらく僕のような田舎住まいの人間はもう近くのホールで来店イベントをしてくれることもほぼほぼないと思っています。

だから、逆に近くでまだやっている人達が正直うらやましいですね^^;

スポンサーリンク


シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

関連記事